眼科
ホーム > 眼科

眼科

眼科 外界からの情報の8割は目から入る(視覚)とされており、日常生活するうえで眼を健康に保つことはとても重要です。
目の病気は、白内障のように視力が下がる病気が多いですが、緑内障や糖尿病網膜症のように病気の初期には自覚症状に乏しい(視力が下がらない)病気もあります。
そのため、視力低下などの目の症状がある方だけでなく、糖尿病などの全身疾患のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

外来診療

外来診療メガネ処方・ドライアイ・アレルギー性結膜炎(花粉症など)などの一般眼科診療、および白内障・緑内障・網膜硝子体疾患(糖尿病網膜症・加齢黄斑変性・網膜剥離など)手術まで、幅広い診察・治療を行います。

各種検査

各種検査視力検査(大人・小児)・屈折検査・眼圧検査・眼位検査(斜視検査)・両眼視機能検査(立体視検査)・色覚検査(石原色覚検査・パネルD-15)・視野検査・Amsler charts・網膜断層撮影(OCT)・眼底カメラ・蛍光眼底造影検査・中心フリッカー・角膜内皮細胞検査・眼軸長測定・超音波画像検査・涙液検査などの検査が可能です。

各種検査ランドルト環を用いての検査が難しいお子さんには、絵視標やドットカードを用いて視力検査を行います。

※当院ではコンタクトレンズの取り扱いはございません。 コンタクトレンズをご使用の方は、コンタクトレンズをはずして検査をすることもございますので、ケースをご持参いただきますようお願いいたします。

手 術

手術白内障・緑内障・網膜硝子体・外眼部手術を行います。入院手術だけでなく、日帰り手術にも対応いたします。
当院には内科医が常駐していますので、糖尿病・心疾患などの基礎疾患のある方でも安心して入院して頂けます。

白内障手術:難治症例・眼内レンズ逢着にも対応可
硝子体手術:糖尿病網膜症・網膜剥離・網膜上膜など
緑内障手術:開放隅角緑内障だけでなく、閉塞隅角緑内障(発作含む)など
外眼部手術:霰粒腫・麦粒腫・翼状片・眼瞼下垂など


 

医師紹介

医 師

松岡 雅人(まつおか まさと)

ご挨拶

松岡 雅人令和元年5月より、地域の皆様をサポートしていきたく、当院に眼科を新たに開設させて頂くことになりました。 
関西医科大学 眼科学教室にて、緑内障・糖尿病網膜症を専門とし、手術では白内障・緑内障・網膜硝子体手術を研鑽し、正確な知識と確実な技術を培ってきました。
これまでの診療経験を生かしながら、地域の皆様に愛され、快適で安全かつ安心して頂ける医療を行っていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

資 格

医学博士・眼科専門医

略 歴

平成11年3月  関西医科大学 卒業
平成11年6月  関西医科大学眼科学講座 入局
平成12年6月  大阪赤十字病院(研修医/レジデント) 勤務
平成14年4月  関西医科大学大学院医学研究科博士課程
平成17年12月 米国ジョンズ・ホプキンス大学 留学
平成20年4月  関西医科大学附属滝井病院(助教) 勤務
平成26年1月  関西医科大学総合医療センター(講師) 勤務
令和元年5月  西北ハートクリニック 眼科 勤務